一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

「刑事事件」 一覧

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-危険運転致死傷-

2016/06/06   -刑事事件

1 はじめに 危険運転致死傷罪は、故意による危険運転行為(基本行為)から人の死傷結果が生じた場合に成立し、当該結果についての故意は不要な点で結果的加重犯と同様の構造を有していて、自動車の運転により人を ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-放火-

2016/06/06   -刑事事件

1 はじめに 現住建造物等放火(以下「現住放火」といいます。)罪は、法定刑が「死刑又は無期若しくは5年以上の懲役」であり、重罪とされています。 したがって、現住放火は、法89条1号に該当するため、権利 ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-脅迫-

2016/05/19   -刑事事件

脅迫とは、相手方又は親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対し、害を加える旨を告知し、一般人を畏怖させる(すなわち、恐怖心を抱かせる)に足りる程度のものであることを要します。 その方法も、文書でも口頭で ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-器物損壊-

2016/05/17   -刑事事件

器物損壊罪は、法定刑が「3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料」ですから、執行猶予や罰金刑で終わるケースも多く、偶発的な犯行、出来心による犯行という場合には、常習性もうかがわれず、また、証拠 ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-恐喝-

2016/05/17   -刑事事件

恐喝の態様・内容には様々なものがあります。 いわゆるかつあげと称する犯行は、些細なことから被害者に因縁をつけて、金銭を要求する態様のもので、到底、偶発的とはいえず、計画性を併せ持つものが多く、法89条 ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-強盗-

強盗罪の法定刑は、5年以上の有期懲役ですから、法89条1号に該当するため、権利保釈は認められません。 しかし、強盗罪の類型に属するものとしては、典型的な強盗(以下では、「通常の強盗」として扱います。) ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-横領-

横領の態様・内容には様々なものがあります。 そして、条文上も、単純横領、業務上横領、遺失物横領(占有離脱物横領)に分かれています。 しかも、委託信任関係を前提とする単純横領及び業務上横領と、委託信任関 ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-窃盗-

2016/04/15   -刑事, 刑事事件

窃盗の態様・内容には様々なものがあります。 職業的な手口による犯行(すり等)、金庫破りなどの大金を目的とした犯行、盗みの七つ道具を携行しての犯行は、法89条3号の「常習として犯したこと」に該当するため ...

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-覚せい剤所持-

2016/04/15   -刑事, 刑事事件

覚せい剤所持事件の保釈の運用を検討します。 覚せい剤の単純所持と営利目的所持の違い 覚せい剤の所持については、覚せい剤取締法41条1項に規定されています。覚せい剤を営利目的なく所持した場合が単純所持罪 ...

<保釈請求>「罪証隠滅のおそれ」の”判断”について検討する

2016/04/15   -刑事, 刑事事件

法89条4号の「罪証隠滅のおそれ」については、罪証隠滅の単なる抽象的な可能性では足りず、より具体的、実質的に判断すべきであると解されています。 では、より具体的、実質的に判断すべきであるとは、どういう ...

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.