一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

「刑事事件」 一覧

<保釈請求>「罪証隠滅のおそれ」の要素について検討する

2016/04/15   -刑事, 刑事事件

刑事訴訟法(以下、単に「法」といいます。)89条4号の罪証隠滅のおそれについては、一般的に、罪証隠滅の対象、罪証隠滅の態様、罪証隠滅の余地(客観的可能性及び実効性)、罪証隠滅の主観的可能性の各要素に分 ...

裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<3>

2016/04/09   -刑事事件

関連記事はこちら 裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<1>          裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<2> 傍受令状の発付,再発付又は却下について ① 発付 傍受令状には,上記5の ...

裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<2>

2016/04/09   -刑事事件

関連記事はこちら 裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<1> 傍受令状発付の要件とは? ※ 令状裁判官は,傍受令状を発付するためには,下記の①ないし④の要件(法3条1項)を事前に審査しなければなりま ...

裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<1>

2016/04/09   -刑事事件

犯罪捜査のための通信傍受に関しては,刑事訴訟法が「通信の当事者のいずれの同意も得ないで電気通信の傍受を行う強制の処分については,別に法律で定めるところによる。」(222条の2)と規定しています。 犯罪 ...

保釈請求の際,裁判官に面談を求めるべきか?

2016/04/03   -刑事, 刑事事件

裁判官は,保釈の請求があった場合,まず権利保釈に当たるかどうかを判断し,これに当たらないと認められる場合でも,進んで裁量により保釈を許すことができるかどうか,その当否についても判断します。 ■ 裁量保 ...

痴漢事件で”勾留されない”ことはあるのか?

2016/03/29   -刑事事件

強制わいせつに至らない条例違反(都道府県が制定する,いわゆる迷惑防止条例違反)の痴漢行為(以下「条例違反行為」といいます。)で逮捕された被疑者が,犯行を否認している場合,裁判官は,検察官の勾留請求を却 ...

強迫事件と恐喝事件。警察の捜査はどう進む?

2016/03/29   -刑事事件, 警察

様々な民事トラブルから刑事事件に発展することが多いなかで,脅迫や恐喝に発展してしまうことも少なくありません。 トラブルを通じて,つい行き過ぎたことを言ったがために自分自身が犯人になってしまうことも。 ...

痴漢事件で否認!被害者の供述のみで有罪になる?

2016/03/24   -刑事, 刑事事件, 裁判

痴漢事件が発生した場合,被害者がその場で声をあげて犯人を名指しする,たまたま犯行を現認した目撃者が犯人を特定する,被害者又は目撃者などが駅員あるいは駅近くの交番の警察官に訴え出る,などして,犯人が逮捕 ...

業務上横領を警察が捜査する”きっかけ”

2016/03/24   -刑事事件, 警察

企業を経営している方であれば,大なり小なりと「これは業務上横領になるのでは?」という出来事に遭遇した経験があるのでは? つい出来心で…の最大系が「業務上横領」でしょう。 今回は,企業活動において発生し ...

離婚調停中の夫が押しかけてきた!警察の対処は?

2016/03/22   -DV, 刑事事件, 離婚

男女のトラブルが事件に発展するケースは非常に多く,当事者のみならず家族や近親者にまで被害が及ぶことも少なくありません。 悲惨な事件に発展し報道される度に,警察の後手にまわった対応が批判されており,一般 ...

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.