一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

「法律・法律事務」 一覧

<保釈請求>犯罪類型毎の保釈の運用-覚せい剤所持-

2016/04/15   -刑事, 刑事事件

覚せい剤所持事件の保釈の運用を検討します。 覚せい剤の単純所持と営利目的所持の違い 覚せい剤の所持については、覚せい剤取締法41条1項に規定されています。覚せい剤を営利目的なく所持した場合が単純所持罪 ...

<保釈請求>「罪証隠滅のおそれ」の”判断”について検討する

2016/04/15   -刑事, 刑事事件

法89条4号の「罪証隠滅のおそれ」については、罪証隠滅の単なる抽象的な可能性では足りず、より具体的、実質的に判断すべきであると解されています。 では、より具体的、実質的に判断すべきであるとは、どういう ...

<保釈請求>「罪証隠滅のおそれ」の要素について検討する

2016/04/15   -刑事, 刑事事件

刑事訴訟法(以下、単に「法」といいます。)89条4号の罪証隠滅のおそれについては、一般的に、罪証隠滅の対象、罪証隠滅の態様、罪証隠滅の余地(客観的可能性及び実効性)、罪証隠滅の主観的可能性の各要素に分 ...

訴えを取り下げる方法とは?

2016/04/11   -法律・法律事務

訴訟提起後,判決が確定するまで,その全部又は一部を取り下げることができます(民事訴訟法261条1項)。 訴訟提起後,訴えを続ける必要性や理由がなくなった場合には,訴えの取下げをすることになります。 訴 ...

裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<3>

2016/04/09   -刑事事件

関連記事はこちら 裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<1>          裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<2> 傍受令状の発付,再発付又は却下について ① 発付 傍受令状には,上記5の ...

裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<2>

2016/04/09   -刑事事件

関連記事はこちら 裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<1> 傍受令状発付の要件とは? ※ 令状裁判官は,傍受令状を発付するためには,下記の①ないし④の要件(法3条1項)を事前に審査しなければなりま ...

裁判所の側から見た通信傍受の手続の解説<1>

2016/04/09   -刑事事件

犯罪捜査のための通信傍受に関しては,刑事訴訟法が「通信の当事者のいずれの同意も得ないで電気通信の傍受を行う強制の処分については,別に法律で定めるところによる。」(222条の2)と規定しています。 犯罪 ...

保釈請求の際,裁判官に面談を求めるべきか?

2016/04/03   -刑事, 刑事事件

裁判官は,保釈の請求があった場合,まず権利保釈に当たるかどうかを判断し,これに当たらないと認められる場合でも,進んで裁量により保釈を許すことができるかどうか,その当否についても判断します。 ■ 裁量保 ...

痴漢事件で”勾留されない”ことはあるのか?

2016/03/29   -刑事事件

強制わいせつに至らない条例違反(都道府県が制定する,いわゆる迷惑防止条例違反)の痴漢行為(以下「条例違反行為」といいます。)で逮捕された被疑者が,犯行を否認している場合,裁判官は,検察官の勾留請求を却 ...

強迫事件と恐喝事件。警察の捜査はどう進む?

2016/03/29   -刑事事件, 警察

様々な民事トラブルから刑事事件に発展することが多いなかで,脅迫や恐喝に発展してしまうことも少なくありません。 トラブルを通じて,つい行き過ぎたことを言ったがために自分自身が犯人になってしまうことも。 ...

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.