一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

法律・法律事務

裁判所に提出する書類の書式設定

投稿日:


裁判所に提出する書類には,たくさんの書類があります。

訴状,答弁書,準備書面,証拠説明書,訴訟委任状,期日請書など多種多様。

今回は,裁判所に提出する書類をPCで作成をするときの基本の書式設定について説明します。

書式設定は,基本の中の基本!

書式の設定が違うからと裁判に負けるわけではありませんが,見栄えが良い方がいいです。

いくら内容の素晴らしい書面でも,書式の設定がめちゃくちゃで,レイアウトが美しくないと,読む側は,第一印象で,なんとも残念な気分になってしまいます。

さて,本題に入ります。 使用するソフトは,Wordでも一太郎でもOK 。

これまで,書式にこだわっていなかった方!

今すぐ,以下の設定をしてください。

1.用紙設定A4判・横書き,縦置き(印刷の向き),左綴じ
2.印刷設定片面印刷
3.ページ設定1行37文字,1ページ26行
4.余白設定左30mm,右20mm,上35mm,下27mm
5.フォント設定フォントの種類MS 明朝
フォントサイズ12ポイント
6.その他 句点「。」,読点「,」
  1. 複数枚に渡る場合は、左余白30㎜以内のところで2カ所をホチキス留め。
  2. 袋綴じにしません。
  3. 10.5ポイントと比べると小さく感じるかも知れませんが,慣れると読みやすいです。
  4. 余白が少ないと,ファイリングのときに,困ります。
  5. 書類タイトルのフォントサイズを16~18ポイントにすると見やすくて良いですね。
    また,タイトルだけフォントをゴシックにするのもGood。
  6. 「、」も読点ですが,横書きのときは,「,」が正解です。

どうですか?

ちょっとしたことですが,中身が同じ書面でも,適当なレイアウトの書面よりも,美しく整っている書類の方が,断然評価が高くなります。

設定ができたら,その書式を保存し,いつでも呼び出せる状態にしましょう。

仕事はスピードが命。

毎回,毎回,同じ設定を最初からしているようでは,レベルアップできませんよ!

省略できることは省略して,仕事は効率よくこなしましょう。


adスマホ用

adスマホ用

-法律・法律事務
-

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.