一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

法律・法律事務

期日指定と期日請書

投稿日:


期日とは?

裁判所や当事者その他の関係人が,裁判所や一定の場所に出頭して,訴訟行為などをするため,事前に指定された日時のことです。

期日には,様々な種類があります。

・口頭弁論期日
・和解期日
・公判期日
・判決期日
・調停期日
等です

今回は,訴訟提起後(訴状提出後)の基本的な流れを見ていきましょう。

訴訟提起後の流れ

まず,訴状が受理されると,担当裁判官と担当書記官(係)が決められます。

・民事○部3A係
・家事2B係

などですね。

そして、訴状に不備の有無によって、担当書記官から、連絡があります。電話またはFAXでの連絡となり、裁判所や書記官によって異なります。

訴状に不備なし⇒期日調整の連絡

訴状に不備あり⇒補正等についての連絡

電話の時は、以下の情報を確認しておくと,後々スムーズです。

・事件番号
・係および担当書記官名
・内線番号
・使用法廷

期日請書を作成し,提出する

期日が指定されたら,裁判所に,「期日請書」(※FAX可)を提出します。

書式は,以下を参考にして作成してください。

-----------------------------

平成○○年(ワ)第○○○○号 ○○○○請求事件

原 告  ○ ○ ○ ○
被 告  ○ ○ ○ ○

口頭弁論期日請書

平成○○年○○月○○日

○○地方裁判所民事第○○部○○係 御中

原告訴訟代理人弁護士  ○ ○ ○ ○ ㊞

頭書事件につき,口頭弁論期日を平成○○年○○月○○日午前○○時○○分と指定告知されましたので,同日時に出頭いたします。

-----------------------------

期日は、決まったらすぐに、必ずスケジュール帳などに反映させてください。

事務職員がいる場合は、お互いにスケジュール管理にミスがないようにルールを決めて,徹底させましょう。

スケジュール管理は、仕事の基本。
弁護士に限らず、社会人の基本です!

くれぐれも、ミスのないようにしましょう。


adスマホ用

adスマホ用

-法律・法律事務

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.