一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

業務効率化

レターパックとスマートレターの違いとは?

投稿日:


毎日、郵便物を受け取ったり、郵便物を出したりと、郵便サービスを使わない日はありませんよね。

ところで、郵便サービスの中に、「レターパックライト」と「レターパックプラス」、「スマートレター」というサービスがあるのはご存じですか?
こういったサービスを上手に使い分けることで、経費の削減にもつながりますので、「あまり気にしていなかったよ」という方は、これを機に、ぜひ、郵便サービスを使い分けて下さいね!

レターパックプラス・レターパックライトの主な特徴とは?

  • A4サイズ・4kgまで全国一律料金(510円または360円)で送れる。
  • 信書も送れる。
  • 現金は送れない。
  • 追跡サービスで郵便物の配達状況を確認できる。
  • 郵便窓口への差し出しのほか、ポスト投函もできる。
  • 郵便局で購入できる。

さらに、「レターパックプラス」と「レターパックライト」の違いは、

  • 送付できる厚さが違う!
    レターパックライト:厚さ3㎝まで。
    レターパックプラス:厚さ3㎝を超えてもOK(蓋が閉まらないといけません)。
  • 配達方法が違う!
    レターパックライト:郵便受けに配達。
    レターパックプラス:対面で配達(受領印または署名がもらえる)。
  • その他の利用条件はこちらから確認できます。
    レターパックの利用条件

スマートレターの主な特徴とは?

  • A5サイズ、1kgまで、厚さ2㎝までなら、全国一律180円で送れる。
  • 信書も送れる。
  • 郵便局で購入できる。

A5サイズで100g以上のものを送るなら、スマートレターを使う方が、普通郵便よりも安く送ることができます。

レターパックは普通郵便よりも得?

例として、A4の書類(500g)を送付する場合を考えてみましょう。
郵便局のサービスを使って送る場合、以下のいずれかの方法となり、各料金は記載のとおりです。
※スマートレターはA5サイズなので、今回は、対象外とします。

  1. 普通郵便      400円
  2. レターパックライト 360円
  3. レターパックプラス 510円

もう、お分かりですね?
費用面からみると、レターパックライトの360円が最も低価格。
さらに、レターパックライトであれば、追跡サービスもついているので、安心です。

仮に、普通郵便に追跡サービス(特定記録郵便)のオプションをつけると、160円追加となりますので、合計560円となり、レターパックライトと比べると、レターパックライトの方が200円も得になるのです。

また、特定記録だと、郵便窓口で差し出さなければなりませんが、レターパックなら、ポスト投函もできるので、郵便窓口が開いていない時間でも郵便物を出すことができます。

このように、送付する郵便物の重さによっては、レターパックやスマートレターを使った方が得であることがあるので、上手に使い分けましょう。


adスマホ用

adスマホ用

-業務効率化

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.