一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

業務効率化

事務所の銀行口座を見直す

投稿日:


法律事務所を経営するにあたって,最低限必要となる銀行口座は3種類。

1.経費用
2.預り金用
3.報酬用

事務所に,経理担当スタッフがいる場合,基本的な管理を任せることはできますが,「お金のことは, 自分で管理したい」という場合は,効率よく安全に管理したいもの。

たとえば,最も利用頻度の高い経費口座なら,

ネットバンキング事務所の近所に支店窓口のある銀行

がおすすめです。

「経費口座は1つでいいんじゃないの?」と思いましたか?

いえいえ!

利用頻度の高い口座ほど,複数の口座を使い分けるのがオススメです。

現金での取引が多いなら,事務所の営業時間内は,手数料無料で入出金ができないと不便ですよね。
ですから,1つは,事務所の近くに支店のある金融機関で口座を開設すると良いです。

しかし,ネットバンキングのメリットは要チェックです。

ネットバンクのメリットといえば,

1.手続きが早い

パソコンさえあれば,その場で,残高を確認することができますし,振込手続きも,すぐに完結します。

銀行窓口の手続きだと,「本人確認」や「伝票の記入」で,無駄な時間を取られたうえ,混雑時には,30分以上待たされる場合もあります。

ネットバンキングなら,このような心配はいりません。

一人で事務所を経営していて,やるべきことが多く,銀行に行く時間がもったいないという方は,特に,利用しない手はありませんね。

2.手数料が魅力的

なんといっても”振込手数料が月○回まで無料”というのは,大きなメリットです。

一般の銀行のATMだと,そういうわけにはいきません。
「同一支店なら振込手数料無料」とか「同じ銀行同士なら無料」といった特典はありますが,他行あての振り込みとなると,ほぼ手数料がかかるのが当たり前。

仮に648円×月5回=3,248円を1年分に換算すると,38,880円!!

1回数百円の手数料といえども,1年分となると結構高額になりますよね。

ですから,ネットバンキングと通常の預金口座を組合わせて利用することで,経費削減につながり,はたまた,時間の節約にもつながります。

時間はお金で買うことができませんが,有効に利用することはできます。

■ オススメのネットバンキング

新生銀行: 新生銀行の口座開設はコチラ

  • ATM手数料が無料
  • 無条件で他行への振込手数料が月1回無料(条件満たせば無料回数UP)
  • 2週間満期預金がある(普通の定期預金よりも金利が高い)


 

ところで,弁護士の預り金口座の名義ですが,

「弁護士 ○○○○」とか「●●法律事務所弁護士○○○○」とされている方がいらっしゃいますが,依頼者等とのトラブルを避けるためにも,”預り金口座”であることを明確にすることをオススメします。

「預り口 ●●法律事務所 弁護士○○○○」
「預り口 弁護士○○○○」

というような名義にされるのが良いでしょう。

これから口座を開設される方は,お忘れなく!

また,すでに預り金口座をお持ちの方でも,口座名義に,”預り口”(または,”預口”)を付けていらっしゃらない方は,今からでも名義変更が可能なら,早めに,このような名義に変更されてはいかがでしょうか。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


adスマホ用

adスマホ用

-業務効率化

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.