一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

業務効率化

Ctrl+Sの操作でいざというときに慌てない

投稿日:


法律業務に携わる方であれば、文書作成をしない日はない、という方がほとんどでしょう。

ところで、こんな経験はありませんか?

  • 完成間近の準備書面が、パソコンがフリーズしてほとんど消えてしまった!
  • クライアントとの打合せで聴き取りをしながら陳述書を作ったが途中でワード(一太郎)が終了してしまった!

1度はこのような経験があるのではないでしょうか?
こういった残念な事態を防ぐ方法があります。
今日から「Ctrl+S」を習慣にしてください。

Ctrl+Sとは?

Ctrl+Sは、上書き保存です。
キーボード上ですぐに出来ます。
キーボードの「Ctrlキー」を押しながら「S」を押すだけで、上書き保存ができるので、マウスで操作する必要はありません。

この技は、パソコンがWindowsなら、Word(ワード)やExcel(エクセル)、一太郎で使えます。

こまめに上書き保存をすることで、せっかく作成した文書を失うというリスクをかなり減らすことができます。
ですから、文章作成中は、Ctrl+Sを無意識にできるくらいに、習慣化してしまいましょう。
1秒もかかりません。

なお、物理的な故障など別の原因による場合は除きます。
仮に、物理的な故障の場合でも、ハードディスク内のデータを救出できるなら、やはり、ハードディスク内のデータも最新のファイルが残っている状態になるので、上書き保存を習慣にすることは、メリットしかありません。

仕事は時間との勝負。
限られた時間を無駄にしないためにも、凡ミスによる無駄はなくしましょう!

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


adスマホ用

adスマホ用

-業務効率化

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.