一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

法律・法律事務

弁護士なら知っておくべき債務整理の流れ

投稿日:


任意整理を受任した場合の主な手順をまとめます。
なお,以下の手順は,法的手段(破産や個人再生など)をとらないことを前提としています。

受任時には,クライアントから,事情を正確に聴き取りをすることが大切です。

また,自分にとっては当たり前のことでも,クライアントにしたら,知らない事がたくさんあります。
特に,注意事項は,丁寧に説明するよう心がけて下さい。
説明不足のせいで,クライアントとの思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

STEP1 受任通知の発送

  • 任意整理を対象とする債権者すべてに通知を送付します。
  • クライアントによっては,一部の債権者に対する任意整理を依頼される場合(借入先は全部で5社あるが,任意整理はその内の2社だけを依頼したいというケース。)がありますので,契約時に,きちんと確認してください。
  • 受任通知の内容は,「代理人就任の連絡・処理方針・取引履歴の開示要求」です。
  • 債権者に対して通知を送付することで,クライアントに対する取立行為が止まります。
    取立で憔悴しているクライアントは,1日も早く取立を止めてもらいたいと望まれます。クライアントが精神的に酷くダメージを受けていらっしゃるなど,案件によっては,特に迅速な対応が求められます。

STEP2 負債総額確定

  • 債権者から届いた取引履歴を,利息制限法に基づいて再計算します。
  • 過払いが発生した場合は,過払い回収を行うことになります。

STEP3 方針決定

  • 債務が残った場合,依頼者に,毎月いくらなら返済できるか等を確認し,返済計画を作成します。
  • 返済額は,無理のない金額を設定すべきですが,分割弁済の期間があまりにも長いと,債権者の同意を得ることができません。
    債権者との合意時に,頭金として最初に多めに弁済できるよう,早い段階で積立を開始するのも一つの方法です。
  • STEP2で過払金のあることが判明した場合は,すぐに回収手続きに入ります。

過払金返還の案件の処理が未経験の方,苦手な方は,コチラの本をオススメします。
すぐに使える書式が充実しており,1人事務所の方には特に必須といえます。


 Q&A過払金返還請求の手引 サラ金からの簡易・迅速な回収をめざして 第5版

STEP4 債権者との交渉

  • STEP3の結果に基づき,交渉を進めて下さい。
  • 返済開始時期などは,クライアントの希望を聞いて,交渉してください。
  • 毎月の返済日についても,給料日のすぐ後の方が,確実に返済できるので,その点もクライアントに確認してください。
    逆に,返済日が給料日の直前だと,残高不足などで,返済が遅れる可能性が高くなりますので,なるべく避けましょう。
  • 債権者によっては,債権者にとって有利な条件を求めてきますが,言いなりになるのではなく,クライアントにとって良い条件になるよう調整に努めて下さい。

STEP5 和解書(合意書)作成

  • 合意書は,1度作っておけば,あとは,一部を修正するだけで使い回せます。
  • 金額や返済方法など,間違いがないよう作成してください。
  • 債権者で作成するという場合は,かならず内容を確認し,クライアントにとって不利な文言が入っているなら,修正を求めて下さい。

STEP6 弁済開始


任意整理は,過払があるときを除き,債務者が,借金を返済できる状態であることが大前提です。

債務者であるクライアントが,任意整理を希望したとしても,更生できなければ,意味がありません。

本来,任意整理は不可能で,破産をとるべきところ,無理して任意整理をしたため,任意整理による分割弁済開始後2~3ヶ月で経済的に破綻し,結局破産手続きをとることになった

というケースが,実際にあります。

ですから,受任当初は,任意整理を予定していたとしても,事情によっては,法的手続き(破産,個人再生等)に切り替えなければならないこともあるということを念頭に置いて,クライアントにとって利益になる方針を考えることがとても大切です。


adスマホ用

adスマホ用

-法律・法律事務

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.