一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

法律・法律事務 相続・遺言

遺言書の作成方式のメリットとデメリット

投稿日:


遺言書の作成についての相談を受けたとき。
「公正証書でなければいけませんか?」と聞かれたときに,的確なアドバイスをするためには,遺言書の種類を正しく理解しておく必要があります。

遺言書の種類

遺言書には,①普通方式遺言と②特別方式遺言の2種類があります。
②は,普通方式遺言をすることができないような特殊な状況下(危急時等)にある場合に用いられます。

通常は,①の普通方式遺言の方式で作成することになります。

普通方式遺言の種類

普通方式遺言には,3種類あります。
「この方式でなければダメ」ということはありませんが,各人の状況に合わせて,適切な方式を選びたいものです。
それらの判断をするためにも,各方式のメリットとデメリットをしっかり理解しましょう。

  1. 自筆証書遺言
  2. 公正証書遺言
  3. 秘密証書遺言

自筆証書遺言とは

遺言者が,遺言の全文・日付・氏名を自書し,押印して作成する遺言です。

<メリット>

  • 筆記具と紙さえあればいつでも作成可能。
  • 費用がかからない。
  • 自分1人で作成できるため,遺言内容を他人に秘密にできる。

<デメリット>

  • 専門家の確認がない場合,記載文言によっては,法的要件不備により無効となる可能性がある。
  • 紛失・偽造・隠匿の可能性がある。
  • 遺族が遺言書を見つけない限り,発見されないことがある。
  • 要件に不備があると,遺言書が無効になる。
  • 裁判所での検認手続が必要。
  • 字が書けないと作成できない。

公正証書遺言とは

遺言書を公証人に作成してもらい,公証役場で遺言書の原本を保管する方法です。

<メリット>

  • 公証人及び公証役場が関わるため法的に安全で確実。
  • 公証人が文言の確認をするため遺言書が無効になる可能性が低い。
  • 公証役場で保管されるので紛失の心配がない。
  • 相続人間での紛争防止になる。
  • 裁判所での検認手続が不要。

<デメリット>

  • 費用がかかる。
  • 遺言書作成時に証人の立会いが必要となるため,遺言内容を秘密にできない。

秘密証書遺言とは

①遺言者自身が遺言書を作成し,自署・押印したうえで,封筒に入れて封印。
②公証役場で,公証人および証人に,それが遺言書であることを証明してもらい,自分で遺言書を保管

という方法です。

なお,秘密証書遺言に必要な手続きができておらず,秘密証書遺言としては無効となった場合でも,自筆証書遺言の要件を満たしていれば,自筆証書遺言としては有効となる場合があります。

<メリット>

  • 遺言内容を誰にも知られず秘密にできる。
  • 遺言書の存在を明らかにできる。

<デメリット>

  • 専門家の確認がない場合,記載文言によっては,法的要件不備により無効となる可能性がある。
  • 費用がかかる。
  • 裁判所での検認手続が必要。
  • 遺言書を自分で保管する必要がある。

adスマホ用

adスマホ用

-法律・法律事務, 相続・遺言

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.