一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

法律・法律事務 相続・遺言

遺言書の検認とは?

投稿日:


自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合は,裁判所に対して,「遺言書の検認」の申立をしなければなりません。

遺言書の種類についてはコチラ

公正証書以外の遺言書が出てきたら,内容云々の話の前に,「遺言書の検認」手続きが必要です。

遺言書の検認とは?

封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いのうえで開封しなければなりません。

遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など,遺言書の内容を明確にし,遺言書の偽造・変造を防止するのに役立ちます。
ところで,遺言書の検認の目的は,「相続人に対して①遺言の存在と②遺言の内容を知らせること」です。
ですから,遺言書の検認は,遺言の有効・無効を判断する手続ではありませんのでご注意を。

  • 申立人
    遺言書の保管者又はこれを発見した相続人
  • 申立をする裁判所
    遺言者の最後の住所地の家庭裁判所
  • 費用
    遺言書(封書の場合は封書)1通につき収入印紙800円
    郵便切手(申立先の裁判所によって異なりますので確認が必要)
  • 必要書類
    1.申立書(6の書式及び記載例をご利用ください。
    2.添付書類(以下,「戸籍」=戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本を含む)
    ①遺言者の出生時から死亡時までのすべての戸籍
    ②相続人全員の戸籍
    ③ア.遺言者の子及びその代襲者で死亡している人がいる場合
    その子及びその代襲者の出生時から死亡時までのすべての戸籍
    イ.相続人が第二順位相続人の場合
    遺言者の直系尊属で死亡している人がいる場合,その直系尊属の死亡の記載のある戸籍
    ウ.相続人不存在・遺言者の配偶者のみ・第三順位相続人の場合
    遺言者の父母の出生時から死亡時までのすべての戸籍
    遺言者の直系尊属の死亡の記載のある戸籍
    エ.遺言者の兄弟姉妹に死亡している人がいる場合
    その兄弟姉妹の出生時から死亡時までのすべての戸籍
    オ.代襲者としてのおいめいに死亡している人がいる場合
    そのおい又はめいの死亡の記載のある戸籍
    ④その他 事案に応じて裁判所から提出を求められる書類があります。

  • 検認の期日に必要なもの
    1.遺言書
    2.申立人の印鑑
    3.その他書記官から事前に指示されたもの

遺言書の検認について覚えておきたいこと

  1. 相続人への通知はどのようにするのか?
    検認の申立をすると,裁判所から,申立人に対して,検認の期日の調整が入り,期日が決まった時点で,裁判所から,相続人に対して通知がなされます。
  2. 相続人が全員揃わないと手続きができないのか?
    申立人以外の相続人が検認期日に出席するかどうかは各相続人の自由です。
    よって,相続人全員がそろわなくても検認手続は行われます。
  3. 遺言書の検認手続き終了後,何をするのか?
    遺言の執行を行うことになります。
    遺言書の検認手続きを受けた遺言書は,「検認済証明書」が必要となります。
    よって,手続き終了後,裁判所に,「検認済証明書」の申請をしてください。
    書式は,各裁判所に問い合わせてください。
    費用は,遺言書1通につき150円分の収入印紙が必要です。

adスマホ用

adスマホ用

-法律・法律事務, 相続・遺言

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.