一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

業務効率化

《すぐに始められる経費の節約術》事務用品&文房具編

投稿日:


法律事務所の業務を行うには,文房具や事務用品が必要です。
「パソコンさえあれば・・・」というわけにはいきません。

文房具や事務用品を揃えるにも,種類と個数が多いと案外費用がかかるもの。
毎日使うモノだからこそ,少しでもかかる費用を抑えたいですね。
今回は,簡単にできる節約術をご紹介します。

法律事務に必要な文房具・事務用品

最低限必要なものをリストアップすると,以下のようになります。
※複合機・プリンタなどの大型機器は除く。

  • 筆記用具(シャープペンシル・ボールペン)
  • 消しゴム
  • マーカー
  • 定規
  • はさみ・カッターナイフ
  • インデックスシール(赤と青)
  • 油性ペン
  • 電卓
  • クリアファイル
  • クリアポケット
  • ファイル
  • 2穴パンチ
  • ホチキス(+替針)
  • 付箋
  • USBメモリ
  • 記録メディア(DVD-R,BRなど)
  • コピー用紙
  • ノート
  • メモ用紙

今日から始められる節約術とは?

少しでも節約したい,とお考えなら,以下の方法を試してください。
ポイントは3つ!

1.事務所で使用する文房具を統一する

 例えば,ボールペン。メーカーも種類もたくさんありますね。
このボールペンを1つの種類に統一するのです。
つまり,「○○社(メーカー名)のX」という具合に。①Xの本体をセットで購入し,職員全員がJを使う。
②インクがなくなったら,インクのみ新しいものに入れ替えて,本体はそのまま使用する。
③以後は,Xの替インクだけを在庫管理する。
※Xの本体は,破損したときや,足りなくなったとき以外,追加で購入しない。

★使用する文房具を統一するメリット★
注文時に,ロット・箱単位で購入できるので安くなる。
特定の商品のみ管理すれば良いので,備品管理がしやすい。

2.各備品のストックの保管場所を決める

備品の保管場所を決めると,在庫の確認が一目でわかります。
管理が容易にできるようになり,「○○がなくて困る!」という事態も避けられます。

3.備品管理のルールを決める

事務所内での備品管理のルールを具体的に決めます。
「残り○個になったら,○個注文する」
「毎月○日時点のストックが○個なら,○日に○個注文する」
というように。
これで,多く買いすぎることもなくなりますし,不要なものを購入することもなくなります。

いかがでしたか?

すぐに始められることばかりです。
「節約」は,モノを大切にすることにも繋がります。
事務所経営者だけでなく,事務所内で,「節約」を共通の認識にすると,事務所全体の経費削減の意識が高まります。


adスマホ用

adスマホ用

-業務効率化

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.