一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

刑事事件

自白以外で詐欺事件の証拠となりうるものとは?

投稿日:


近年,詐欺事件で起訴されて訴訟に至るケースが増加しています。

8546cc94612410b73a7a3fb26737a41a_s

詐欺事件といえば,ひと昔前は知略的な『詐欺師』による犯行というイメージでしたが,最近では振込め詐欺の末端のような職業的詐欺師とはかけ離れた一般人が被疑者になるケースが多くなっています。

警察では「詐欺の供述調書が取れれば一人前」だと言われています。

詐欺事件と聞いただけでさじを投げて,事情も聞かずに専門の刑事に引き継ぐ制服警察官はたくさんいます。

昇任試験の勉強で詐欺罪を知っていても,実際の事案に対して何がどう作用して詐欺罪が成立するのかを理解して捜査ができる警察官はごく一部なのです。

事案が難しく,単純にはいかないのは,警察も弁護も同じです。

今回は,警察官も苦手としている詐欺事件の捜査について触れてみましょう。

まずは簡単に「詐欺とは?」

詐欺罪は刑法第246条に「人を欺いて財物を交付させた者は,10年以下の懲役に処する。」と明記されています。

随分と簡単な条文ですが,これが「1項詐欺」と呼ばれるものです。

1項詐欺の事例を挙げると

  • 借金の申し込みを名目に現金を騙し取る(借用)
  • 身内を装って電話をかけて,トラブルの解決金名目で現金を振込ませる(オレオレ)
    などが該当します。

財物を騙し取る名目によって手口が分類されており,ほかにも「不動産利用」「結婚」「架空請求」などが該当します。
一般的にイメージする「嘘をついて金銭を騙し取る」という行為はこちらですね。

刑法第246条2項には「前項の方法により,財産上不法の利益を得,又は他人にこれを得させた者も,前項と同様とする。」と明記しています。

少し分かりづらいですが,これが「2項詐欺」と呼ばれるものです。

難しく聞こえますが,

  • 飲食店の無銭飲食やタクシーの無賃乗車(無銭)

が該当するといえば分かりやすくなりますね。
簡単にいえば「嘘をついて代金の支払いの義務を免れる」などは2項詐欺です。

条文を見て分かるとおり,詐欺罪の刑罰は懲役10年以下で罰金刑はありません。
起訴されれば罰金では済まされず,最低でも執行猶予は免れません。
ほかの財産犯と比べても重い処罰であり,いかに詐欺が許しがたい犯罪であるかを示していると言えるでしょう。

詐欺罪の構成要件とは?

詐欺罪の構成要件は

  • 虚偽の事実を相手に伝えて(欺罔)
  • 相手がその虚偽の事実を信用し(錯誤)
  • 錯誤に陥った相手が,財物や財産上の利益の処分をする(処分行為)

で成り立っています。
簡単だった条文から急に難しくなりましたね。

借用を例にすると,

  • 無職で収入のあてもなく,期日になっても返済するつもりはないのに「月末には給料で返済するから1万円貸して欲しい」と依頼する(欺罔)
  • 「月末に返済してくれるから大丈夫だろう」と信用してしまう(錯誤)
  • 返済が守られると信じて1万円を自ら手渡す(処分行為)

となります。

自白のほかに「初めから騙すつもりだった」の証拠はあるのか?

詐欺の捜査において最も多い否認材料は「最初は返済するつもりだった」「騙すつもりはなかった」と抗弁することです。
「内心の自由」の部分なので,最初にどう思っていたかの証拠は,究極的には被疑者の自白のほかにありません。

しかし,刑事訴訟法では「自白が唯一の証拠である場合は有罪としない」と定めています。

では,警察は刑事ドラマのように自白を迫るのか?
答えはNOです。

警察は自白に頼った捜査によって何度も失敗を犯しているので,自白偏重の捜査を禁止しています。

● 証明が困難なのは欺罔

詐欺事件の捜査において最も重要かつ証明が困難なのが欺罔です。
欺罔を証明するために,警察は「支払意思」と「支払能力」の捜査をおこないます。

借用を例にとると,まず警察が捜査するのは支払能力です。

被疑者本人や家族などの預貯金口座の明細を取り寄せて時系列を作成し,被疑者にどれだけの支払能力があったのかを分析して,返済期日の支払能力を試算します。

期日には本当に返済ができたのかを分析という形で証明するのです。

必要があれば,家族などからも供述調書を録取して「あの人がお金を用意できるはずがありませんでした」と否定材料を固めます。

支払能力が否定できたら,被疑者にその事実を投げかけます。

そうすれば「確かに期日までに返済はできなかった」と認めることになり,結果,被疑者自らが支払意思を否定して「支払能力0=支払意思なし」の方程式が完成します。

「最初から騙すつもりだった」と自白を得なくてもよい理由の正体はこれ。

自白を迫らなくても「確かに無理ですよね」と認めさせるだけで自白に等しい証拠になるのです。
詐欺事件の捜査は実はこんな理屈を証拠にしているのです。


adスマホ用

adスマホ用

-刑事事件

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.