一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

警察

告訴を受理して積極的に捜査する犯罪類型とは?

投稿日:


告訴は犯罪被害を申告し,犯人に対する処罰を求める行為です。

では,捜査機関はどのような内容でも告訴が為されれば等しく告訴を受理して捜査するのかといえば,実はそうではありません。
(このように書くと,刑事訴訟法に定められた規定に背くようですが,あくまでも実務的なお話としてです。)

今回は,捜査機関が積極的に告訴を受理する犯罪類型について紹介します。

 捜査のために告訴が必須の犯罪

犯罪のなかには,告訴が訴訟要件(起訴するために必須となること)となっているものがあります。

まずは『親告罪』。
親告罪とは,犯罪捜査によって,被害者や関係者に精神的苦痛を与えたり,社会的に不利益を与えてしまう犯罪のことです。
最も分かりやすい例が強姦でしょう。

強姦の被害を申告し,捜査に協力することは,被害者本人のみならず,家族にまで精神的苦痛を与えます。
事件が明るみになれば,風評による不利益も避けられないでしょう。

このように捜査によって苦痛や不利益を伴う犯罪が親告罪であり,他にも強制わいせつ,名誉毀損,器物損壊などがこれにあたります。

また,通常は親告罪に該当しませんが,窃盗,詐欺,横領なども,親族間で発生した犯罪の処罰を求める場合は告訴が必要となります。(これを『相対的親告罪』といいます。)

これらに該当する場合は,告訴を訴訟要件としているので,被害届で送検することができません。
捜査の際には必ず告訴を受理することになります。

ちなみに「告訴を受理しないと捜査ができないのか?」という疑問もあります。
この『告訴前捜査』についての問題は,学説によってそれぞれ考え方がありますが,基本的には告訴前捜査には支障がないと解されています。

被害者の苦痛や不利益は告訴前捜査によっても発生することになりますが,告訴を受理するために必要な事実確認などの捜査ができないと,適正な受理ができないという理由からです。

実際,告訴は警察署に持ち込まれたからといって即受理されるわけではありません。
事実確認のため,最低でも数日の検討期間があり,その間に受理が適当かを捜査して受理不受理を結論づけることになります。

不受理になったとすれば,要件を欠いているか,または検討期間中の捜査で犯罪を構成しないことが判明するなど受理が適当ではないケースがほとんどです。

対面犯の場合

『対面犯』という言葉はあまり一般的ではない用語かもしれません。
対面犯とは,犯人と被害者が顔を合わせている犯罪のことです。

言い換えれば「被害者が犯人を知っている」ということになります。
例えば,空き巣の被害に遭った場合に提出するのは一般的に被害届であり,告訴することは稀です。
告訴が為される犯罪は親告罪を除くと,暴行,傷害,詐欺,横領などが多く,いずれも犯人と被害者が直に顔を合わせて行われる犯罪です。

告訴において,犯人の氏名,住所などの詳細は必須ではありません。
「どこの誰」程度でもよく,さらに人相や風体,あだ名やインターネットのアカウントを指して告訴することも可能です。

しかし,どこの誰かも分からない相手に対する告訴は,実務的には現実的ではありません。
もし,全くどこの誰かも分からない相手が犯人である犯罪について告訴した場合でも,捜査機関は刑事訴訟法の定めによって速やかに捜査を遂げる必要があります。

捜査機関の部内ルールですが,速やかに捜査を終えるという規定を守るため,行方不明などで犯人の所在が判明しない場合は「捜査したが所在が判明しないまま送検する」という手法が存在します。
受理する限りは必ず送検するというルールが,継続捜査を許さない結果を招きます。
これでは告訴する意味が全くないので,告訴が為される犯罪は犯人が判明している対面犯が多く,受理にも積極的です。

 経緯や事情が入り組んだ犯罪

犯罪の被害には,被害の経緯など事情が入り組んだものがあります。
金銭関係で民事的に争った経緯がある事件は,民事的に優位に働くことを画策したり,報復のために詐欺や横領で告訴することが多々あります。
また,暴行や傷害,侮辱や名誉毀損などでは,慰謝料の請求やつり上げを目的に告訴をすることもあります。

このように,単に被害を申告することや処罰を求めるだけの目的ではない場合に多用されるのが告訴です。
経緯に様々な事情がある場合は,その背景まで明らかにしているほうが捜査機関としても捜査しやすく,被害の相談をした場合に告訴を勧められることもあります。

まとめ

親告罪に該当する犯罪に対しては,捜査機関は被害者からの告訴を求めます。

その他に積極的に告訴を受理するのは

  • 犯人が明らかである対面犯の場合
  • 被害に至る経緯や事情が入り組んだ場合

であり,詐欺や横領などの金銭関係に起因するもの,暴行や傷害,侮辱や名誉毀損などの慰謝料請求が絡んだものなどが主になります。

 

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


adスマホ用

adスマホ用

-警察

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.