一人で法律事務所を経営する弁護士のためのサポートサイト

Lawyer's Helper

法律・法律事務

裁判所にある記録の"謄写"とは?

投稿日:


謄写= 書き写すこと,または,写し取ること。

裁判所にある記録(当事者から提出された書類や裁判所が作成した調書などの書類)を謄写することについて,簡単に説明します。

民事事件や家事事件では,訴訟・調停当事者や利害関係人は,訴訟記録(調停記録)を閲覧・謄写することができます。

送付嘱託の申立に対する回答書や尋問調書を取り寄せるときには,必ず使う手続きですね。

1.書類の謄写

謄写の方法は,裁判所により異なりますが,たいてい,以下のいずれかが謄写業務を担当してるので,謄写に必要な書類(謄写申請書・委任状等)を送付又は持参すれば,対応してもらえます。

・司法協会
・弁護士会
・弁護士協同組合
・謄写専門業者
・裁判所の売店等

担当業者が分からない場合は,事件が係属する裁判所の担当書記官に電話で教えてもらいましょう。

ところで,裁判所によっては,対応する業者自体が常駐しておらず,裁判所に自ら出向いて,謄写(または閲覧)しなければならない場合があります。

そういうときは,「謄写」ではなく,「謄本請求」という方法で取得することができます。

しかし,1枚につき150円かかるので,量が多いときは,躊躇してしまいますね。

50枚だとしたら,150円×50枚=7500円かかります。

2.音声データが画像データの謄写

裁判所に対する録音テープやビデオテープ(今は,CD-RやBD-Rが主流 )の複製申請も,記録謄写の一種です。

下記の申請書と記録メディア(CD-R,DVD-R又はBD-R)を添付して,係属裁判所の担当係に提出します(郵送でもOKです)。

・音声や画像データは,分量によって,必要な記録メディアの枚数が変わります。
・画像データでも,DVD-Rの場合とBD-Rの場合があります。

いずれの点についても,申請前に裁判所に確認したうえで,準備をしてくださいね。

記録メディア(CD-R,DVD-R又はBD-R)は,あらかじめ事務所に用意しておくと,いざ,必要となったときに,すぐに手続きが出来ますので,それぞれ10枚程度のストックを準備しておくことをオススメします。

記録メディアは,年々価格が下がっており,50枚くらい(スピンドルケースのもの)を購入すると1枚あたりの価格は安くなりますが,郵送でやりとりするには,ディスクが破損しないよう,プラスチックのケースがあった方がいいので,大量購入される方は,別途ケースの購入もお忘れなく。

「ほとんど使わないよ」,という方なら50枚も入りませんし,10枚パックでケース付きのものにすると,割高にはなりますが,ほとんど使わない物に,費用をかける必要はありませんし,結果的には,支出が抑えられます。

管理する備品を少なくすることも,経費削減につながります!

(申請書例)
-----------------------------
平成○○年(○)第○○○号 ○○○○事件
原告 ○○○○
被告 ○○○○

録音テープ等複製の申出書

平成○○年○○月○○日

○○地方裁判所○○係 御中

○○代理人   弁護士○ ○ ○ ○ ㊞

上記当事者間の頭書事件について,平成○○年○○月○○日に行われた口頭弁論期日の(□原告本人,□被告本人,□(      ))の陳述の録音体を別添の(□録音テープ,□ビデオテープ,□CD-R,□(     ))に複製されることを申請します。

以上

受 領 書

平成○○年○○月○○日

○○地方裁判所○○係 御中

上記複製した録音テープ等を受領いたしました。

○○代理人   弁護士○ ○ ○ ○ ㊞

-----------------------------

※”□”は,該当にチェックをつけます。
※受領書の”㊞”も押印して提出します。日付は空欄でOKです。

 

この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いいたします。


adスマホ用

adスマホ用

-法律・法律事務

Copyright© Lawyer's Helper , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.